無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

一話
カーカーと鳴く鳥の声が聞こえる。

まだ眠い…
あなた

あれ、今何時だろ…

あなた

って、七時ーーー!?

あなた

(やばいやばい、学校に遅刻しちゃう!!)

あなた

(急いで着替えなきゃ!

あなた

あれ、着替えがない…

あなた

てか、よく見たらここ私ん家じゃないじゃん!!

あなた

(なんなの…怖い…)

あなた

(しかもこの家ボロボロ…床が抜けそうだし、それより)

あなた

ヘックシュン!!!!

あなた

(なんなのここ!ホコリだらけじゃん!しかも虫がいる!私ホコリアレルギーなのに…!)

グリム
グリム
ふなぁ…うるせーんだぞ…
あなた

ぎゃっ!!誰!?

グリム
グリム
オレ様は大魔法士のグリム様なんだゾ!
っていうか、お前こそ誰なんだゾ…?
あなた

わ、私はあなただよ…

グリム
グリム
あなたって言うのか!よろしくなんだゾ!
あなた

よろしく…

あなた

ていうか、ここどこ…?

グリム
グリム
お前、知らないのか!?
ここはツイステッドワンダーランドなんだゾ。
すげえ魔法士がいっぱい集まる男子校なんだゾ。
グリム
グリム
そして、今日はツイステッドワンダーランドの入学式なんだゾ!
あなた

男子校!?
しかも入学式ですって!?

グリム
グリム
そうなんだゾ!てか、あなたさっきから騒ぎすぎなんだゾ…
ガチャッ!!!!
あなた

うわっ!?

グリム
グリム
ふなっ!?
???
???
誰ですか!?勝手にこのオンボロ寮にいるのは!!さっきからゴースト達が不審者がいるってうるさいんですよ!今日は入学式だというのに…
???
???
って、なんでモンスターと女の子がいるんですか!?
グリム
グリム
うるせぇんだゾ!!
お前こそ誰なんだゾ!?
学園長
学園長
ああ、失礼いたしました。
私はツイステッドワンダーランドの学園長、ディア・クロウリーです。
あなた

学園長…?

学園長
学園長
ていうか、貴方達も誰なんですか!?
グリム
グリム
オレ様は大魔法士のグリム様だゾ。
それと、コイツは…
あなた

あ、あなたです。

学園長
学園長
ほう…グリム君にあなた君ですか…
学園長
学園長
あなた君、一つお聞きしますが、貴方もしかして女の子ですか…?
あなた

はい…そうですけど

グリム&学園長  はぁーー!?
あなた

えっ…

グリム
グリム
お前、女の子だったんだゾ!?
学園長
学園長
やっぱり…困りますねぇ…
あなた君はどこから来たんですか?
鏡にお願いして元いたところに返してもらわないと…私、優しいので。
あなた

えっと…日本です。

学園長
学園長
日本…聞いたことないですねぇ…
まあ、いいでしょう。
あなた君とグリム君で、二人で一つの生徒として入学を認めましょう。
私、優しいので。
グリム
グリム
オレ様がコイツと!?
あなた

私がグリムと!?

学園長
学園長
はい、そうですよ。
私があなた君を元の世界に戻す方法を探しますので、それまではグリム君と一緒に行動してくださいね!
あなた

わ、わかりました…

学園長
学園長
では、なんかあったら呼んでください。
あー、忙しい忙しい…
そういって学園長は消えた。
あなた

まあ、とりあえず学園に行ってみよう、グリム。

グリム
グリム
そうなんだゾ。
学園長
学園長
おっと、言い忘れてました!
グリム&あなた  うわあ!!!
学園長
学園長
あなた君、ここは男子校なんですから、男装してくださいね!!
あなた

わ、わかりました…

あなた

じゃあグリム、ちょっとまってて

グリム
グリム
わかったなんだゾ!