無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

十話
あなた

うわあ…!すごい!

グリム
グリム
蜘蛛の巣もなければ虫もいない!
おいあなた、ベットめっちゃふかふかなんだゾ!
あなた

うわあ、本当だ!

あなた

あ、玄関に買ったもの置きっぱなしだった…ちょっととってくる!

グリム
グリム
わかったんだゾ!
玄関へ移動中…
あなた

(あそこを左に行けば玄関だよね…ていうか、オンボロ寮ってやけに広いな〜…)

ゴースト
ゴースト
誰だ!
あなた

ゴースト!?

ゴーストB
ゴーストB
なんでお前がここにいる!
ゴーストC
ゴーストC
出てけ!
あなた

ごめんなさい!
でも、これは学園長命令で…

ゴースト
ゴースト
学園長が?なら仕方ないか…
ゴーストB
ゴーストB
ていうか、オンボロ寮がめっちゃ綺麗になってるんだけど!どういうこと!?
あなた

あ、それはね…
ツノ太郎が綺麗にしてくれたの!

ゴーストC
ゴーストC
ツノ太郎?
ゴーストC
ゴーストC
まあ、せっかく綺麗になったんだ。
気にする必要もないか…
ゴースト
ゴースト
んで、君は誰だ?
あなた

あ、あなた・ローゼンです。

ゴースト
ゴースト
あなたか!よろしくな!
あなた

よろしくね。

ゴーストB
ゴーストB
お前さん、これからどこへ行くんだい?
あなた

あ、玄関に荷物を取りにいくの。

あなた

ここ、広くて…何回か迷っちゃった。

ゴーストC
ゴーストC
じゃあ、今晩、このオンボロ寮の中を案内しようか?
ゴースト
ゴースト
オレら、長年この寮に住み着いてるからな!
詳しいんだ!
あなた

ぜひそうしてもらいたいな!ありがとう!
グリムと一緒でもいい?

ゴースト
ゴースト
グリム?
ゴーストB
ゴーストB
グリ坊はあのモンスターだよ
ゴースト
ゴースト
ああ!
ゴーストB
ゴーストB
じゃあ、夜9時にグリ坊とお前さんにオンボロ寮を案内しようか。
あなた

ありがとう!

ゴースト達は優しいんだね…
私が前通ってた学校の人達とは違うな…
あなた

(全員が全員、嫌いな訳ではないけど…学校にいる友達よりゴースト達の方が私は好きだな…。)

あなた

(って、このことは思い出しちゃダメ!せっかくここに来れたんだから、今を楽しもう!)

あなた

(さ、早く荷物取りに行こう)

玄関に到着
あなた

(ああ、買いすぎた…重いなぁ…)

あなた

(早く運んで夜ご飯でも作ろう…)

グリムがいる部屋へ到着
グリム
グリム
オメー、おせーんだゾ!
あなた

ごめんごめーん

あなた

あ、グリム

グリム
グリム
なんだゾ?
あなた

9時頃にゴースト達がオンボロ寮案内してくれるって!だから、9時になったらオンボロ寮の玄関前に行くよ!

グリム
グリム
わかった!
あなた

グリム、夜ご飯作るの手伝ってくれない?

あなた

今日はカレーにしようと思って

グリム
グリム
カレー?食べたことないけどなんだか美味しそうな名前だな!
あなた

でしょ?すごく美味しいよ!

あなた

じゃあグリム、まずは野菜を切ってくれない?

グリム
グリム
どうやってやるんだゾ?
あなた

こうだよ〜

(グリムにあなたが覆い被さって包丁を一緒に握っている状態)
あなた

これで…こうするんだよ!

グリム
グリム
おお✨すげ〜んだゾ!
あなた

じゃあ、グリムできる…?

グリム
グリム
任せろ!
あなた

(グリムが野菜切ってくれてる間にお風呂を沸かしとこう…お風呂場は確かここの扉を開けた先だったはず…)

あなた

(あ、あった!お風呂場の隣にはトイレもあるな…買ったナプキンを入れておこう)

あなた

(お風呂を洗ってっと…あれ、このお風呂ってまさか魔力で沸かすの!?)

あなた

(どこにも沸かすボタンがないんだけど!)

あなた

(どーしようかな…)

あなた

(まあ、今はほっといていいか…グリムのところに戻ろう…)

グリム
グリム
ふなぁぁぁぁ!!!!
あなた

!?

あなた

グリム!?