無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

三話
闇の鏡
闇の鏡
汝の魂の形は…
闇の鏡
闇の鏡
わからぬ
あなた

へ…?

ザワザワ…
モブ
モブ
ププッw
モブ
モブ
コイツ魂の形がわからねえとか…
笑えるわ…w
学園長
学園長
えー、皆さん静粛に!!
学園長
学園長
鏡よ、あなた君の魂の形、本当に分からないんですか!?
闇の鏡
闇の鏡
分からぬ。
お主からは魔力を一切感じない。
学園長
学園長
なんですってーー!?
学園長
学園長
あなた君、もしかして魔法使えないんですか!?
あなた

はい…

学園長
学園長
なんてことだ!
魔法の使えない生徒など、前代未聞ですよ!
やっぱり、貴方は入学させません!!
あなた

(え…どうしよう…グリムごめん…)

ザワザワ…
モブ
モブ
え、コイツ魔法も使えねーのかよ!
雑魚じゃんw
あなた

(聞こえてるっつーの…)

???
???
まあ、そう焦んなくても
学園長。
学園長
学園長
貴方は…
ドラコニア君ですか!
マレウス
マレウス
そうだが。
マレウス
マレウス
学園長、この人の子を入学させてはだめなのか?
学園長
学園長
入学させたい気持ちは山々なんですが…
魔法が使えないとなると…
マレウス
マレウス
魔法が使えないからなんだ(圧
学園長
学園長
ひっ…
わっ、分かりましたよ!入学させます!
学園長
学園長
あなた君!
貴方を正式に入学させますよ!
そのかわり、オンボロ寮で過ごしてもらいますからね!!
あなた

わ、分かりました…
ありがとうございます…

学園長
学園長
では、次の人!
闇の鏡の前へ来てくださーい!
モブ
モブ
あ、次俺じゃん
さっさと行ってこよー







短くてすみません!
では、四話でお会いしましょう!
あと、この作品が初投稿の作品なので
誤字脱字とか、読みにくいところとかあると思いますがお許しください。


リクエスト、コメント欄でどんどんくださーい!(R18でもいいよー)