無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

三十五話
学園長
学園長
あなた君は、"日本"という所に住んでいたらしいです。
学園長
学園長
年齢は14歳、あちらの世界では"中学校"に通っているそうで。
デュース
デュース
14歳!?
エース
エース
あいつ、14なのか…オレより年下じゃん!!
学園長
学園長
こら、静かに!!ローズハート君が起きちゃいますよ!
リドル
リドル
(…学園長の声か…?うるさいな…)




学園長の声が大きすぎて起きてしまったリドル君
トレイ
トレイ
それで、"中学校"ってなんだ…?
学園長
学園長
ああ、こちらの世界では"ミドルスクール"と言いますね…
学園長
学園長
日本は、小学校、中学校、高校、大学と、4つあるらしいです。
トレイ
トレイ
へ〜…
学園長
学園長
で、話を戻しますが
学園長
学園長
彼女あなたは、非常に優れた人でね。
学園長
学園長
テストだっていつも上位グループに入っています。
学園長
学園長
そうですよね?トラッポラ君、スペード君。
エース
エース
なんか心に刺さるんですけど…
デュース
デュース
まあ、あなたは頭がいいと思います…
学園長
学園長
ですよね!
学園長
学園長
ですが、元の世界ではそれが原因で、あなた君をめぐるいろいろなトラブルがあったんです…
学園長
学園長
あなた君の親がかなり厳しい人だったんだそうで…
学園長
学園長
テストの結果が下がったら暴言を言われるなど…ああ、考えたくもない!!
学園長
学園長
まあ、流石に暴力はなかったみたいですが…
エース
エース
なーんか、寮長にちょこっと似てね?
デュース
デュース
確かにな…
学園長
学園長
そんな環境の中、突然ここナイトレイブンカレッジに来たわけですから、相当ストレスが溜まってると思います。
学園長
学園長
そのストレスのせいで、きっとあなた君は体をブロットにむしばわれてしまったのでしょう。
ケイト
ケイト
リドル
リドル
(どういうことだ?あの子がブロットに…?)
リドル
リドル
(でも、普通に考えてあり得ないだろう…あの子は魔力を持たないんだから。)