無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

17話
本編入る前に



ねえ、これ

私の目がおかしいのかな?

眼科行ったほうがいい?
え?え?え?え?え?え?え?え?え?
違うよね?まさか………ねえ?ハハハ…………
…………うん。では、本編どぞー👋





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジェイド−side

今日は、オクタヴィネル寮が見回り当番の日だった

行きたくないと駄々を捏ねる片割れフロイドを宥め、商品開発をしていたいと机にかじりつく寮長アズールを引っ張り、学園内を順に見回った。
ハーツラビュル寮…………OK
サバナクロー寮…………もOKっと
項目にチェックを入れていく

ふと、どこからか、悲鳴が聞こえた

アズール「ジェイド。フロイド。」

『ええ。行きましょう。』

フロイド「早く行こ〜?」

悲鳴がした先は、柵の向こうの森だった

柵の間から目を凝らしてみると、年端も行かぬ少女とその子に覆いかぶさっている14歳位の少年がいた

二人は震えながらも、視線を前に向け
「がんばって…………鬼殺のお姉ちゃん」と、言っていた
"鬼殺隊"ってことは、鬼でもいるんでしょうか
二人の視線をたどったとき、僕は-ーーーー









ーーーーーーーーーーーーー







すいません。1回切ります

ジェイドさんの口調が迷子💦
作者でーす
作者でーす
おつショコ㌨🈂