無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

恋バナ的な?
すかいぐれー
すかいぐれー
ねぇ聞いて!
すかいぐれー
すかいぐれー
自分ね、推しはもちろんころちゃんってゆう大大大天使なんだけど、一応リアルで男の子に恋してるの!
すかいぐれー
すかいぐれー
で、小6のバレンタインに告ったの。(ちなみに今中1)
すかいぐれー
すかいぐれー
綺麗に振られたのね?
すかいぐれー
すかいぐれー
振られたことはもう気にしてないし、その時は
『ああ、無理だったなぁ。悲しいなぁ。』って馬鹿みたいなこと思ってたんだけど
すかいぐれー
すかいぐれー
返事くれた時、自分の家に来たの。
でもその男の子に、家教えた覚えないの。
すかいぐれー
すかいぐれー
謎は謎のままって嫌じゃん?
すかいぐれー
すかいぐれー
だから、聞きたいんだけど聞けないの。
すかいぐれー
すかいぐれー
てゆうか、思っちゃったんだけどさ、告白する勇気はあるのに聞きたいことを聞く勇気ないってなんやねん。ってなるよね。
すかいぐれー
すかいぐれー
まぁそれだけなんだけど。((すいません



















ちなみに、告白の時の言葉。










『好き……です…
(ここめっちゃ間あく)
もしよければ付き合ってください。
あと、また3年生の時みたいに話しかけていいですか?』









なんだよね。

いや、ありきたりすぎて草

3年生の時みたいにって

3年生の時結構仲良かったからね?

だからその時みたいに〜

って感じで言ったー。