無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第119話

風邪が流行る時期に近いですね
すかいぐれー
すかいぐれー
僕は風邪が流行る時期は嫌いです
すかいぐれー
すかいぐれー
それはかかるからとかじゃなくて、お母さんがお姉ちゃんしか見なくなるからです
すかいぐれー
すかいぐれー
僕もかかることがあるけど、そんなに酷くないんです
すかいぐれー
すかいぐれー
お姉ちゃんは酷くなります
すかいぐれー
すかいぐれー
そのせいで僕のことなんて見てくれません
すかいぐれー
すかいぐれー
お姉ちゃんに付きっきりです
すかいぐれー
すかいぐれー
それが僕は嫌なんです
すかいぐれー
すかいぐれー
昔からそうでした
すかいぐれー
すかいぐれー
僕が低学年の頃もお姉ちゃんだけしっかりとした看病をされていて、大切にされていました
すかいぐれー
すかいぐれー
そんな時期がまた来るんだと考えたら反吐が出そうです
すかいぐれー
すかいぐれー
なぜか免疫力が強い僕はインフルエンザにかかりにくいです
すかいぐれー
すかいぐれー
それがものすごくうっとうしいです
すかいぐれー
すかいぐれー
迷惑なんです
すかいぐれー
すかいぐれー
免疫力が強いせいで僕はこんなに気持ち悪い気持ちにならないといけないんです
すかいぐれー
すかいぐれー
お姉ちゃんがいなかったら僕がしっかりと看病されてたのに…
すかいぐれー
すかいぐれー
それでは学校なので行ってきます
すかいぐれー
すかいぐれー
ばいちゃー!!