無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第102話

わかってるけどさ…
すかいぐれー
すかいぐれー
僕今日久しぶりに、小学校よって帰ったんですよ。友達と一緒に
すかいぐれー
すかいぐれー
それで、先生方が会議してて結構な時間待ってたんですよ
すかいぐれー
すかいぐれー
それで終わった後に、めっちゃ喋ってたの
すかいぐれー
すかいぐれー
そのせいで家に帰ってくるの遅れたの
すかいぐれー
すかいぐれー
そしたらお母さんに
まみぃ
カギ没収すんで
すかいぐれー
すかいぐれー
って言われて、先生に会えて嬉しかった気持ちが今一気に下がってます
すかいぐれー
すかいぐれー
心配してくれてるってわかってるんです。最近6時でも暗いから
すかいぐれー
すかいぐれー
わかってるけど、なんか嫌なんです
すかいぐれー
すかいぐれー
僕のためを思って言ってくれてることは知ってるけど、お姉ちゃんの時は全然怒らなかったんです…
すかいぐれー
すかいぐれー
お姉ちゃんにはカギ没収すんでなんか言わなかったし、怒られることなかったのに…
すかいぐれー
すかいぐれー
そう考えたらうざくて…
すかいぐれー
すかいぐれー
わかってるんです…わかってるけどさ…
すかいぐれー
すかいぐれー
せっかくこの雑談にも先生に言ってもらえたこと書こうと思ってたのに…
すかいぐれー
すかいぐれー
もういいです…気分が上がってきたらまた書くかもです
すかいぐれー
すかいぐれー
それじゃばいちゃ!!
ちなみに学校めっっっっっっっちゃ!!

楽しかったです!!