無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

ウォヌ
ウォヌの場合、自分の中で溜め込みます。それで、彼女ちゃんが帰ってきた時なんか、気まずくなって避けちゃいます。それが3日ぐらい続きます。なんか、彼女ちゃんは自分がやったのではないかとすっごく心配になります。それで聞いてみます。ねぇなんで最近そんないつにも増して塩なの?ってそしたら、だって…〇〇が、他の人に取られたからとか可愛いことぶちのめします。彼女ちゃん心当たりがあります。오빠との買い物です。そしてウォヌよんにいいます。あ、あれ오빠。そしたらウォヌよん急に顔が明るくなります。なんだ、それなら言ってよ〜って言われます。彼女ちゃんは心の中で오빠から言ってくれないとわかんないじゃんっ!って思いますが。うん。ごめんねっていいます。なんか、可愛い

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

유_Carat
유_Carat
ユジョンヨン사랑해요♡ 오빠사랑해요♡ 小説読んで。伸びないと強制終了させちゃうぞ!‪๛ก(ー̀ωー́ก)‬
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る