無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

マンネline
スングァン
スングァンは、いつも通り、朝から元気に活動中です。ですが、彼女ちゃん、顔腫れてます。スングァン気づきます。昨日塩取りすぎたのかなって。違います。女の子の日です。んで、気づかず一日をすごし、彼女ちゃん言います。「今日から私、女の子の日なんですけど。」
スングァン氏、ここでしくじったの気づきます。可愛いです。( ´,,•ω•,,`)♡
ボノニ
バーノン氏は、結構早くに気づきます。けど、気づかないフリします。なんとなくです。んで、いつも通り接するんだけど、彼女ちゃんにしたら、なんで気づかないのっ!(`‐ω‐´)ってなります。んで言います。「彼女が女の子の日なのに気づかないの?」って、ここでバーノン氏言います。何となく、気づかないフリしてたって。けど、信じてくれません。けど、後で彼女ちゃん後悔して謝りに行きます。仲良しカップルです
ディノ
マンネのディノちゃんは、そういう変化に、とても早く気づきます。んで、「ヌナ?大丈夫?」って、朝から、甘々で言われて彼女ちゃん一日満足した気分です。んで、毛布とか色々持ってきてくれるんだけど、サービス精神旺盛で、ディノちゃん疲れます。彼女ちゃん、それに気づきます。ディノちゃん気づかれました。ディノちゃん強がります。けど、ヌナはよく分かります。なので、女の子の日はそういう気の使い合いです♡

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

유_시호
유_시호
ユジョンヨン사랑해요♡ 오빠사랑해요♡ 小説読んで。伸びないと強制終了させちゃうぞ!‪๛ก(ー̀ωー́ก)‬
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る