無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

97line
ハオちゃん
ハオちゃんとは遠距離の設定で。
彼女ちゃん、辛くてラインしちゃいます。
そしたらハオちゃんすごく心配します。
大丈夫?とか色々送ってくるけど彼女ちゃん寝落ちしちゃって既読が付きません。もっと心配になり、遠くから遥々来てくれます。はい。こんな彼氏が欲しいです。
ミンギュ
ミンギュも朝は凄くうるさく起こされます。
だけど彼女ちゃんのつらそうな顔みて察します。んで、あ、さっきはごめん。とかへこみながら言ってきます。完全尻尾下がってます。そんなミンギュみて彼女ちゃん許します。んで、しっぽあげて看病してくれます。
ドギョム
ギョム氏は、いつも通り笑顔です。ですが、横で彼女ちゃん顔がくらいです。ギョム氏心配になります。やっときずきます。彼女ちゃん女の子です。さぁどうするギョムさん。んで、色々考えて、ずっと横にいることにしました。女の子の日は彼女ちゃんちょっとお砂糖になったりして(˙ᗜ˙)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

유_Carat
유_Carat
ユジョンヨン사랑해요♡ 오빠사랑해요♡ 小説読んで。伸びないと強制終了させちゃうぞ!‪๛ก(ー̀ωー́ก)‬
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る