無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

ㅤㅤㅤNANIWA ガール .


.











「 Youたち 、良いお知らせがあるよ 」
































ジャニー社長のその言葉で一瞬救われたと思った 。


焼け野原なんてもう言われないん???


いや 、多分もっと期待してたのかもしれない 。


















































大橋「 funky公式化しますとかやんな?!笑 」



『 いや大橋それはやばたにえんすぎるわ 笑 』



藤原「 期待しすぎやろなに求めてんねん 笑 」



朝田「 おっ?求めてん?欲求不満か?笑 」



林「 俺ら相手してあげてもええでー 笑笑 」



『 … 今江ちゃんあっち行ってよか〜 』



今江「 いやジャニーさんに
呼ばれてるんやって!笑 」



古謝「 ほらほら!みんな行くで!」



リチャ「 こじゃ仕切ってるぅー!」



末澤「 いいねいいねぇー!」



古謝「 ええからはよ!笑笑 」



















































大好きな仲間と一緒に


報われることを期待してたのかもしれへん 。


でも現実は 、そう甘くなかった 。


















































「 以上だ 。これからのYouたちの
活躍に期待してるよ 。頑張ってね 」



『 、、、』



藤原「 … 大橋頬つねってええ?」



大橋「 … え?なんで?」



藤原「 良いから 、」



大橋「 え 、ちょ 、」



藤原「 ((むにっ 」



大橋「 いひゃっ 、じょーふん 、いひゃい 、」



藤原「 … 夢じゃ 、ない 」





















































落ち込むのかと思ってた 。


だってそうやん?funkyが壊されたんやで?


なのに丈は 、それの遥か上を上回った 。





















































藤原「 っ 、凄ない?!
公式グループ入れたんやで?!」



大橋「 …… せやな 、笑 」



『 … っんでよ 、』



今江「 あなた 、辞め 、」



『 一緒に公式化しようなって
約束したやんっ!!!!!!』



藤原「 っ … 」



大橋「 … 」



末澤「 あなた?あんな 、丈たちは
夢目指してるねん 。俺らと一緒やで?な?」



『 なんでっ 、!!!ねえ丈!!!!大橋!!
一緒に 、一緒に夢叶えようなって 、っ!!』



































































辛かった 。苦しかった 。


私が選ばれへんかったとかそんなんちゃうくて 。


funkyが壊されていくのが嫌やった 。


私の 、居場所がなくなるのが嫌やった 。


私の視界は潤んで表情が見えなくなる一方だ 。


















































藤原「 … そもそも!!
あなた 、途中から入ってきたやん 、?」



リチャ「 丈!何言って、!」



藤原「 俺 、あなたが
入る前にみんなに言ってん!
夢叶えるためならなんでもするって 。
俺の夢は 、デビューすることやから 」



『 … は 、、、?』



大橋「 … 」



藤原「 だから 、俺今回入れて
ほんまに良かったって思ってる 。
デビューに向けて頑張るからさ 、
あなたも 、もっと頑張ってな!」



『 … 』































































もっと頑張ってな?丈にはそんなセリフ


言って欲しくなかった 。私だって頑張ってる 。


というか 、その頑張りをずっと


見てきてくれたのは丈やんか 。


隣でずーーーっと支えてくれたやんか 。


なあ 、なんでそんなこと言うん???




























































藤原「 … あなた 、」



" バシンッ!"



『 ……… さいってい 、』

藤原「 … 」







































































震える手を押さえて丈に一発お見舞いしてやった 。


そのままみんなの止める声も


聞かずに荷物を掴んで家まで走った 。


涙が邪魔で丈の表情がなんか見えへんかった 。










シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あまのじゃく  🍌💖
あまのじゃく 🍌💖
紅一点系 、恋愛 、学園モノ(愛され) 、シリアス 、ドラマ関連 などなど色々書いてます ☺️ ○ 受験生 ○ テスト平均点以下常連 のため 最近は更新率低めですごめんなさい (..) あ 、普通に語彙力良いからお前国語の成績いいだろとか思っちゃってる??残念ながら違うんだよな〜〜〜 、語彙力良いのはもう何回も言われ慣れたから認めちゃうけど(やめr)、国語の 、いや 、全体の成績マジオール3っす!!!!!!(グァッチ) 高校行けるかなッ ☆☆☆☆ マジでお前受験生なのかレベルに遊んでばかりなのでほんま気をつけますわ(エセやめ)(ただいま1番人気のなにわさんエセなのにみんなお気に入りしてくれてありがとう)(大阪には一度も行ったことないし身内に関西弁の奴がいるわけでもないです)(関ジュのことずっと目で追ってたらいつのまにか日常生活でもぽろっと出てしまう現象が、、、) 情緒不安定なのでシリアス書きがちですみんなに慰めてもらいたい症候群でちゃってるからギャグあんまないかもです面白くなかったらごめんちゃいセクゾさん本当にネタがないキャピッ( 長々と書きたい気分だったのよ。 読んでくれた君 、相当暇人ダネッ☆☆☆(やめr) .
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る