無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第28話

ㅤㅤㅤNANIWA ガール .





藤原 side










いつも俺の選択は残酷やった 。funkyを


選んだ時だって仲間に辛い思いさせたし 、


そこにあなたを呼んだのだって俺やった 。


WESTがデビューして1人やったあなたを


手放したくなかったから 。


… もし 、あなたがなにきんで活動してれば


もっと上目指せてた?紫耀や廉みたいに東京


行かせればもっとあなたは売れてた?


何が正解で何が不正解なのか全く分からん 。


もう 、なにわ男子なんてどうでも良かった 。


































































" ガシャンッ!!!!!!"



『 っ 、、、』


































































耐えられる訳もない自分に対しての怒りを


物にぶつけるしか方法はなかった 。


このままじゃ 、みんなに当たっちゃう気がして 。


もう俺自身 、消えたい 。辞めたい 。


どうしようもない涙が 、溢れるばっかやった 。






















































































「 丈 、」



『 、、、』



「 部屋荒らすなや 。
割れる鏡は避けたん?偉いな 笑 」














































































部屋に入ってきて近くに俺が投げたものが


転がってきたのか 、それを拾う横山くん 。


なんで横山くんが … 、余計に涙止まらんし 。












































































『 っふぅ 、はぁっ 、グズッ 泣 』



横山「 … 辞めたい?」



『 っ 、泣 (頷く) 』



横山「 … そんじゃ 、もっと頑張れ!」



『 … へっ 、ズズッ 、』


















































































はい???横山くん何言うとるん????


意味が理解出来ひんくて腑抜けな声が出た 。



































































横山「 辞めたいって思った時こそ
その気持ち乗り超えなあかんやろ 、やから
もっと頑張るんや 。なんのために大倉や安が
楽曲提供してくれたと思ってんねん 」



『 ……… 』



























































そう言って横山くんは俺に


イヤホンを差し出してきた 。


無言でつけてみれば 、聞こえてくるのは


沢山の歓声と … My Dreams やった 。


" 夢に向かって一歩一歩 。未来なんて見えなくて 。


今を生きるのに必死なんだ " … まるで 、


今の俺を歌ってるような曲に感じた 。


俺の涙は止まるっていう言葉を知らんみたいで 。


ずーっとポタポタと溢れるばかりやった 。






















































『 っヒック 、泣 』



横山「 … そんな最年長やからって
全部全部背負わなくてもええねん 。
あなたが辞めたのは誰のせいでもないんやし 」



『 でも俺っ 、助けられなくてっ 、グズッ 泣 』



横山「 そんなことない 」



『 っ泣 』



横山「 絶対に断言出来るのは 、ほんまに
丈と活動できてあなたは幸せやったと思う 。
WESTの時もせやったけど 、
funkyで笑いあってたあなたは
めっちゃ自然な初々しい笑顔やったで 」



『 ふぅっ 、うぅっ 、泣 』



横山「 … 何年後になるか分からんけどさ 。
アイツ 、絶対ひょっこりと戻ってくる気が
するねん 。昔の絡みからの勘ってやつ?笑 」



『 っ 、、、泣 』



横山「 あとは丈がどうするか次第やで 。
さっ 、入ってきてええでー 、なにわ男子 」



『 っえっ 、?!(ゴシゴシ) 』
















































いきなり横山くんがドアの方に声をかけると


おずおずと入ってきたみんな 。


な 、なんやねんいたなら入ってきてや …


って当たっちゃうとか思ってたの俺自身やん ←


つか 、なんで康二と龍太くんまでおるん?!











シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

あまのじゃく  🍌💖
あまのじゃく 🍌💖
紅一点系 、恋愛 、学園モノ(愛され) 、シリアス 、ドラマ関連 などなど色々書いてます ☺️ ○ 受験生 ○ テスト平均点以下常連 のため 最近は更新率低めですごめんなさい (..) あ 、普通に語彙力良いからお前国語の成績いいだろとか思っちゃってる??残念ながら違うんだよな〜〜〜 、語彙力良いのはもう何回も言われ慣れたから認めちゃうけど(やめr)、国語の 、いや 、全体の成績マジオール3っす!!!!!!(グァッチ) 高校行けるかなッ ☆☆☆☆ マジでお前受験生なのかレベルに遊んでばかりなのでほんま気をつけますわ(エセやめ)(ただいま1番人気のなにわさんエセなのにみんなお気に入りしてくれてありがとう)(大阪には一度も行ったことないし身内に関西弁の奴がいるわけでもないです)(関ジュのことずっと目で追ってたらいつのまにか日常生活でもぽろっと出てしまう現象が、、、) 情緒不安定なのでシリアス書きがちですみんなに慰めてもらいたい症候群でちゃってるからギャグあんまないかもです面白くなかったらごめんちゃいセクゾさん本当にネタがないキャピッ( 長々と書きたい気分だったのよ。 読んでくれた君 、相当暇人ダネッ☆☆☆(やめr) .
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る