無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

ㅤㅤㅤNANIWA ガール .





2018.12.











.













クリパも始まって中旬に差し掛かってきた頃 。


今日は公演ないから自主練しようって思って


稽古場に入ると 、流星が慌てていた 。
































































『 あれ … 流星 、どしたん?』



大西「 っあなたちゃん!!!
ちょっと来てください 、!!!」



『 え 、ちょ 、』

















































































流星に手を引っ張られて連れて


こられたのは救護室 。いやなんでなん、?


不思議思って入ると中には苦しそうな道枝が


頭を手で押さえて座り込んでいた 。















































































『 道枝?どしたん?どっか痛い?』



道枝「 … っちゃ 、、、っ 、」



『 一回座ろか 。流星 、そっから
水とタオルと氷取ってくれへん?』



大西「 わ 、分かりました 、!」







































































苦しそうな道枝を一回ベットに座らせて


水を飲ませた 。そしてタオルを


氷に包んでおでこに当ててやった 。













































































道枝「 … ありがとうございます 、
だいぶ落ち着きました ……… 」



『 ほんまに?ならええんやけど 。
つか今日練習ないのに来てたん?』



大西「 僕とみっちーで個人練習しようって
約束してて 、そしたら途中で倒れて 、」



道枝「 すみません … 朝から頭痛は
するなって思ってはったんですけど 、苦笑 」



大西「 そうやったん?!
言ってくれたら良かったのに … !!」



『 具合悪い時に無理したらあかんやろ 』



道枝「 … ごめんなさい 、でも 、
まだ振り付けが曖昧な子たちもいると思うから 、
その子たちのためにも教えられるように
もっと頑張らんとなって思って 、」



『 … しっかり周り見てるのは偉いけど
しっかり休まんと 。な?分かった?』



道枝「 … はい 、(微笑む) 」



大西「 あ 、というかあなたちゃんこそ
なんで来てはるんですか?練習ですか?」



『 んまあそんなところやで 。
公演ないし練習しよかなって 。
あ 、一緒に練習する?』



大西「 !!!したいです 、!」



『 じゃあしよか 。道枝は少し休むこと 。
数十分休んだら一緒にやろな?』



道枝「 はい 、分かりました 、!」












































































具合悪い時も無理しちゃうぐらい


頑張ってんやなって思うと 、心が痛くなった 。


道枝だってまだ高校生やもん 。


同学年の子たちと遊びたいに決まっとる 。


なのにファンの子たちに笑顔を振りまくのは


やっぱりアイドルなんやなあって感じる 。













シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あまのじゃく  🍌💖
あまのじゃく 🍌💖
紅一点系 、恋愛 、学園モノ(愛され) 、シリアス 、ドラマ関連 などなど色々書いてます ☺️ .
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る