無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,038
2021/12/04

第71話

ペン🔞
学生の藤枝仁くんが1人でオナる話。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


俺は学生だ


その為、オナニーをするにしても玩具は買えない


親にバレたら面倒臭い事になるからね、


いつもちんこを扱くんじゃなくて、


穴に指を入れてアナニーしている


それがほんとに気持ちよくて、、


もう依存しちゃって毎日している


そんな俺、悩み事があるんだよね、


俺、、


指が短いの、、


だから奥が届かない、


いつも疼いたまま終わる


前立腺で中イキする事は出来る


ベッドの上で

足を開けて指を入れて前立腺を激しく刺激すると腰がビクビクンッと震えてイク

女の子みたいって、

賢者タイムの時、思ったり、

初めてアナニーした時は罪悪感でいっぱいだった


最近だと授業中でも奥が疼く時がある

それで俺、思いついだよね


玩具の代わりなんて、身近に色々あるって、


それがさ、ペンなんだよね

ペンってさ、使えそうじゃない?

ずっと入れ続けられるし、奥が触れるし、

締めた時気持ちよさそうだし、、


今晩ペン使ってやってみよ、、


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

✧夜✧


筆箱の中のペンを取ってベッドに寝転ぶ

ズボンとパンツを脱いでローションをペンに垂らして穴に先端を付ける


(J)っ、//


いけない事してるみたいで、なんか凄い緊張する、


ゆっくりとペンを中に挿れていく


(J)っあ、//


締めた時の快感が俺を襲った

中がうねって熱くて、汗が出できた

動かす度にじゅぷじゅぷと卑怯な音をたてる


(J)っは、ふっ、///


喘いじゃいけない、ここは家、

親が寝てるんだから、


手を口に置いて、声を耐える


凄い気持ちいい、感じられなかった奥に触れる度にイキそうになる


(J)いっ、ぁ、///


我慢できなくて、もっと快感を得たくて、

ペンをもう一本挿れた

ップップと中が広がっていく感覚

凄い、気持ちよすぎる、、


(J)はぁッ、はぁッ、//


想像する、2つのちんこで二輪挿しされて犯されている、、

あぁ、ダメだ、、

もっと欲しくなる、、、


2本入っているにもかかわらず、追加で中指を挿れた


その瞬間だ、


(J)ぃ゛ッッ、♡///


ビクンッビクンッと腰が震えて少し上がる

涎が出てきて、はぁはぁと息が荒くなる


ペンを抜くと、ドロっと白濁したローションがトロトロと垂れてきた

中出しされたみたいで、何故か興奮した


(J)きもちぃ、、///


ペンをティッシュで拭いて
ついでに穴も拭いておく
パンツに白いの付きたくないからね、、


そのまま賢者タイムは無く、眠くなり


パンツを履いてズボンを履いて、


眠りについた



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


どうも重症腐女子です

11月から全然投稿してなくて、

思いついたのがこの話っていうね、

とりあえず、推しで想像したらエロ過ぎたので書きました

最近、旅野独歩って言うVTuberさんが居るんですけど、その人腐男子なんですよ
BLのゲーム実況したり、BL本紹介したり、ボカロの曲をBLで替え歌したり、めっちゃ好きなんですよね、、、、



以上重症腐女子でした。