無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

212
2019/08/29

第15話

まさかの!?!JHside
ジョンハン
ジョンハン
‥‥だり




いつもの事ながら今日も学校をサボろうにも弟たちに連れられて来た俺






ジス
ジス
ハニうるさい。ご飯食べる時ぐらい静かにしなよ




ハイハイ、
ジョンハン
ジョンハン
お前は俺のオンマか
ジス
ジス
実際オンマなのハニだけど笑
スンチョル
スンチョル
‥‥もうちょい華のある会話しない?






華のある会話って何?







ジョンハン
ジョンハン
そんなんとっくの昔に消えたな
ジス
ジス
したことないしねそんなもの




‥‥俺らこんなんだからいつまでも彼女出来ねーんだよ











ジョンハン
ジョンハン
ってお前が言えるかヘタレ
ジス
ジス
そうだそうだヘタレ
ジョンハン
ジョンハン
つくってから言えよヘタレ
スンチョル
スンチョル
おい泣くぞ





だって







ほんとだもん←














だるーい授業も終え、SVT会の集まりへと俺たちは向かっていた
ジョンハン
ジョンハン
────?あなたは?




昨日ジュンがあなたと一緒に行く!って張り切ってた














ジョンハン
ジョンハン
ひとりじゃん
ジュン
ジュン
ヒョン、、あなた今日学校休んでたの




どことなく悲しげにお菓子を食べるジュン





それクプスのやつだぞ







ジュン
ジュン
カトクで一緒に行こって言ったら休むって言われて、、
スニョン
スニョン
おいちょっと待てい




俺が言うよりも先にスニョンが食いついてきた、何故?






スニョン
スニョン
え、お前カトク交換してたの?
ジュン
ジュン
言ってなかった?
スニョン
スニョン
おん
ジュン
ジュン
笑笑



でさー、







何笑ってんだよ



ジョンハン
ジョンハン
話変えようとするなー
ジュン
ジュン
え?
スニョン
スニョン
俺にも教えろー!!!
ジス
ジス
僕も教えて?
ジュン
ジュン
──ぇぇえええ!




そう言って他の奴らもジュンからあなたのカトクを手に入れようとした








その中で一人、








ウォヌ
ウォヌ
俺はいいわ
ミンギュ
ミンギュ
ウォヌヒョン!?




あら?





ジス
ジス
ウォヌが欲しがらないってめずらしいね
ウォヌ
ウォヌ
いやいつももらいませんけど?



変な言い方辞めてください












とか言ってるけどめずらしいよね


ジョンハン
ジョンハン
ほんとにいいのー?
ウォヌ
ウォヌ
いいです
スニョン
スニョン
ほんとにぃー!?
ウォヌ
ウォヌ
おう
ミンギュ
ミンギュ
後悔するなぁー??



その日はウォヌいじりで会がほぼ終わってしまった







ウォヌ
ウォヌ
とりあえずスニョンとミンギュうるさいから1発やらせて
ミンギュ
ミンギュ
は!?
スニョン
スニョン
いやいや怖い!