無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

221
2019/08/27

第14話

どうしろと!?
you
you
ただいまー


気にしてもしょうがないので、家に入ってお風呂に入ろうと思った時








机の上に一枚紙が置いていた



you
you
なにこ・・・え、





『あなた、うちの会社が海外に行くことになったの。だから私達、日本に居られなくなる。』
you
you
うそ、、、
『けど勝手な事情であなたを連れて行けない。明日、19時30分発の飛行機に乗るわ。あなたが来ようが、、それはあなたに任せたい』
何言って
『ごめんなさい。やむを得ないことなの、少なくとも1年はあっちで忙しくなる。その家、買ってあるから好きにしていいわよ』






まだ此処に居たいのなら、、











空港には来ちゃダメだから、
you
you
・・・・・・・・・





お母さんはこんなこと言う人だったっけ?
you
you
よく、分かんない
全然気づかなかった
you
you
じゃあ私、1人?
どうしたら









私はその日、声にならないくらい叫んだ



悔しくて、



自分でどうしたらいいんだろうって
you
you
────よし





でももう、そこまで悩まずに済んだ










明日、────