無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

269
2019/08/25

第5話

いらない誘い
you
you
いや、昨日女子にキャーキャー言われてたくさん入ったんじゃないんですか?部員なら足りてると思いますけど


他の部活を押しのけてすごかったよアレ
ジス
ジス
あれ、全員僕達目当てだったんだよ






・・・ええまぁそれしかないでしょうね
ジョンハン
ジョンハン
だからその女子達に入部無理だよ君たちって言って諦めて貰った





え?なんでそんな
ジス
ジス
女の子はそこまで必要じゃないし、男の子に入ってきて欲しかったからね
you
you
?じゃあ私も────
ジス
ジス
かと言って女子がいないのも困るから助かったよ
ジョンハン
ジョンハン
ジュンの紹介なら大歓迎
ジュン
ジュン
ってことで入会よろしくね!!





いやいやいやいやそこおかしくない?
you
you
私は別に·····



するとどこからか3年の女子が話しかけてきた







・・・は?






あなた誰ですか
ジョンハン
ジョンハン
ねぇ、君そうゆうのやめた方がいいよ
ジス
ジス
僕達は平和解決だからね?



3年の人は舌打ちしたと思えば何故か遠くへ行った
ジョンハン
ジョンハン
あの子も懲りないねぇ
ジス
ジス
まぁいいんじゃない?笑そのうち諦めるって
ジュン
ジュン
あの子ってしつこかった子じゃない?
ジョンハン
ジョンハン
うん、収まればいいけどね
you
you
?えーっと、



これはなんだ?
ジス
ジス
さっきの子多分君に何かするつもりだったんだよ
ジュン
ジュン
良かったねー助かって
you
you
ああ、ありがとうございます




・・・なのか?
ジョンハン
ジョンハン
じゃあお礼として入部よろしくね