無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

267
2019/08/25

第7話

放課後にて




授業も終えて、やっと放課後



面倒臭いものが残ってます
ジュン
ジュン
あなたちゃん行くよー!



ジュン君そんな大声で呼ばないでくれ






しかも今日何回話しかけんの







授業後の休憩時間毎回「行くよね!?」って聞いてきて、
you
you
いくいく!





あの人大概だぞ
ジュン
ジュン
入った時ちょっとピリってするかもだけど、安心してね!
you
you
いやそれ大丈夫?






あかんやつじゃないの
ジュン
ジュン
────あ、そうだここだよ!







え?
you
you
ここでやってんの!?
見ると明らかに真新しいホールっぽいとこだった





いやホールだこれ
you
you
こんなとこあるの?
ジュン
ジュン
最近出来たらしい。なんでも僕達のためにだって!





あなた達どんだけ優遇されてんの羨ましい




するとジュン君は勢いよく扉を開けて











え、怖扉壊れるで←
ジュン
ジュン
見学の子!来たよー!