無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

337
2019/08/25

第2話

部活勧誘にて



とある春の暖かい日





今日は部活勧誘会の日







本来なら私、あなたは家に帰っております






高校1年生がわちゃわちゃと居る体育館
you
you
・・・なんで私がこんな雑用、




先生に「あ!お前暇だろ!」とか言われて急にスポットライト係を任されたんです意味わからんわ
you
you
そもそもスポットライト係なんている?






ステージ上で部活動の人らが自己アピールするのに必要だって?
you
you
そんなもん要らんわぁ!!!











私は今日帰って洗濯物入れないといけないのに!!
you
you
────早く終わんないかな






たくさんの部活動チームがパフォーマンスし、私はその人たちに「へーいへいー」と光を当てていく






そしてやっと最後になった




you
you
?あとなんか部活あったっけ?





サッカー部も終わり、バスケ部も終わり、文化部も大抵は終わってるはずだ




本来なら終わりであろう、と思った瞬間





突然体育館全部の光が落ちた
you
you
・・・え?





停電かと思うと突然マイク越しに大きな声が体育館に響き渡る
スニョン
スニョン
レディース&ジェントルメン!!!
今宵は僕達SVT会が、皆さんにお美しいステージをお見せしましょう。









SVT会






初めて聞く名前だった
you
you
・・・そんなものあるの?



誰がそんなこと言って、












今真っ昼間だしね←







スニョン
スニョン
照明さんかモーン!!






あ、
you
you
ライト向けないとだよね?





そう思って私はステージ側に光を放つ









するとそこには1人の男の子が立っていた








スニョン
スニョン
へいへいへいへーい!僕は2年のクォン・スニョンって言います!
スニョン
スニョン
そしてうちの会長さんは────?








・・・か、会長?





スニョン
スニョン
照明さん上上!!
you
you
・・・へ?!





いやあなたなんです!




急に上って言われても·····



そう言って渋々ライトを上に向けた









するとそこには高い台の上にいる男の子が見えた
スンチョル
スンチョル
・・・あ、会長のチェ・スンチョルです。色々わからないと思いますので、あとは部活選びの時来てくださいね。以上です











そこでマイクを切った会長さん
you
you
・・・へ?




私今日へ?って何回言うの










でも言いたくなる
you
you
(ちょっと待ってそれで終わり!?)



明らかに短すぎ!









何の勧誘したの!?
スンチョル
スンチョル
あ、もうライト大丈夫です。








そうですか下げます!!!










こうして怒涛の勧誘会?は遂に終盤へ







最終的に入るところを決めるみたいなんだけど、
女子
女子
キャー!!!!!










明らかに黄色い歓声に包まれてる部があった








それは·····
スンチョル
スンチョル
あの、会の説明をするので、、もうちょっと集まっていただけませんか?







まさかの所
you
you
え?なんで?、





明らか何も言ってなかったのに、なんだこれ
you
you
(しかも大半女子だ)
you
you
・・・よくわかんないな






私には関係ないと思い、急いで家に帰った