第4話

#4🔞
447
2022/09/23 12:18
リビングにて
伊野尾
あなたちゃん、俺の膝の上のって欲しいな〜
と甘えられた





これ、なんて返せばいいの
と、目線で有岡さんに訴えてみる
有岡
えっ、俺?w
伊野尾
もしかして、大ちゃんのほうがいいの?
あなた

だって、伊野尾さん怖いんですもん。(色んな意味で)

と言うと伊野尾さんは私の手を引っ張り無理矢理膝の上に乗せてきた
あなた

〜〜〜〜///

バックハグ……というのだろうか。







とてつもなく恥ずかしい
伊野尾
どう?俺の膝の上
あなた

どうって……!?えっちょ、伊野尾さっ///

下…触ってきてる…
伊野尾
ほら、大ちゃん見てるよ?
あなた

あっ♡やだっ//♡ありおかっしゃ♡見ないでっ♡♡

有岡
っっ……///
伊野尾
あなたちゃんってえっちな事してるとき唆られる顔してるからさぁ……
服の上からさすさすと擦ってくる伊野尾さん。






そろそろイキそうと思ったとき
有岡
ごめっ……借りていい?
伊野尾
もう少しでイキそうだったから多分いい感度だと思うよ
有岡
ん
手を引っ張り、有岡さんの部屋に連れて行かれる





部屋に入った瞬間にドアに壁ドンされてる状態になる
あなた

あ、りおかさん?

有岡
………口開けて
あなた

え?あ、はい

口を開けると




有岡さんのが口の中にグッと入ってくる
あなた

んむっ!?ははひおかひゃ(あありおかさっ)

有岡
っ//喋んなっっ…
有岡
俺が動かしてあげるから
グッグッと喉に当たってしまい条件反射でえづいてしまう
あなた

んっ、お゛、ぇ、あ、

有岡
あっ//あなたちゃん、めっちゃいい…
と、私の後頭部を手で掴んでグッと奥まで入れてくる








………口に何かが流れてくる
あなた

お゛ぁ………♡何っこれ…//♡

有岡
あっ…出しちゃった…飲まなくていいよほら、ここに吐き出しな?
ティッシュを目の前に出してくる
私はすかさずべーっと舌を出しながら白い何かを吐き出す
あなた

……はぁ…………

有岡
っっ……むりっ//
ドサッと次は押し倒してきた。
あなた

……///////

有岡
…少しだけ…ヤらせてほしい
あなた

っ……む、無理ですよ

有岡
今だけあなたちゃんの拒否権ないから
あなた

へっ?

手際よく服を脱がされていく






有岡さんの目は完全にオスの目だった
あなた

んっ…

ちゅるっ…ちゅっ…♡




甘くて、深いキスをしてくる






苦しくなって有岡さんの肩を叩くと






離された口から銀の糸が有岡さんと繋がれていた
有岡
っ…エロっ…
と、グッとナカに入ってくる
あなた

う゛ぁ…っ♡♡ぁ♡ぁ♡♡

有岡さんは伊野尾さんと違い確実に気持ちいいとこを狙って突いてくる
グリッ♡♡♡♡グリッ♡♡
有岡
ここっ……気持ちいいでしょ
ゴリュ♡♡♡♡♡
あなた

ぁ゛ぁ゛♡♡♡♡んぁ゛♡♡♡

あなた

むり゛♡♡♡

逃げようとした腰を有岡さんはすぐさまがっしり掴んで
有岡
っっ…逃げんなっ♡
グチュン♡♡♡♡♡
あなた

ん゛ひっ♡♡♡♡♡

その後もゴリゴリ♡と責められた夜……
〜後日〜
伊野尾
おはよ(*^^*)相当激しかったみたいだね
あなた

え、まさか………

伊野尾
声結構聞こえてさ〜
聞きながら抜いちゃった
あなた

………ド変態ですね…

伊野尾
今の俺には褒め言葉にしか聞こえないわ
NEXT→

プリ小説オーディオドラマ