無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

寝起き
ゆう
ふぅ。
シャワーを浴び終えドライヤーをしながら
色んなことを考えていた。
バイトのこと。これからの生活のこと。
ゆう
みんな起こさな…。
あと起きてないの誰だ?

シルク マサイ ダーマ ぺけ かな。
ゆう
とりあえずぺけ起こして
起こすの手伝ってもらおうかな…
1人で4人起こすのは時間がかかると考え
ゆうはぺけに手伝ってもらうことにした。
穏やかでどこか抜けてるぺけはゆうの中で
1番頼りやすい存在になっていたり。
コンコン ガチャ
ゆう
ぺけ…?
ぺけたん
んん…
ゆう
おきて~。おはよ~。
朝です~もっきゅんが待ってr....
寝惚けているのかぺけは
ゆうを抱きしめた。
ゆう
ぺけ…苦しい…。
ぺけたん
ゆうちゃん
いい匂いする~。
ゆう
おきてるん…?
ぺけたん
ゆうちゃんの声したから
すぐ目覚めたぁ。
ゆう
そっか。
みんな起こすの手伝ってくれへん?
ぺけたん
いいけどもう少し
このままがいい。だめ?
そんな可愛い顔で見られたら
断られへんよ…!!!って
何この感覚…。
なんかすごいドキドキする…。
抱き締められてるからやんな…?





















--------キリトリ線--------