無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

体温 。
待ってほんまに状況掴まれへん。
すっごいドキドキする。
ぺけいい匂いするし…。
ゆう
みんな起こしにいこ…?
ぺけたん
よし。いこっか
ゆう
うん…
ぺけたん
顔真っ赤だよ?熱でもある?
ゆう
いや大丈夫!
ぺけたん
ならいいけど…
ゆう
とりあえず隣だしダーマ起こす…?
ぺけたん
ダーマ多分起きてるよ
ゆう
えっ?
ぺけたん
スマブラしてるんじゃないかな
ゆう
じゃあマサイ?
ぺけたん
そーだね。マサイ起こそっか
ぺけたん
マサイはすぐ起きるよ。
ドア開けるだけで起きると思う。
ゆう
え?そんなに?
ぺけたん
まあ音に敏感なんだよね。
ゆう
部屋どこだっけ?
ぺけたん
あっ起きてきた。笑
マサイ
アイアムサブスクライバー!
ダーマ
デデデ強い…
ゆう
みんな起きてきた…笑
モトキ
みんな起きた~??
リビングからモトキの声が聞こえる。
ぺけたん
おきたよ~!









































--------キリトリ線--------