無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

モトキside.
モトキ
あの子誰なんだろ…
とりあえず可愛かったなあ。
シルクの彼女…?!
いやそれなら自分で迎えに行くよね。
ほんとモヤモヤする。
誰なんだよぉぉおおお!!!
ダーマ
1人で何言ってんの?
モトキ
あ!!ダーマ!!!
ダーマ
なんだよ急に。
今日テンションおかしい。
モトキ
なんかさ…
さっき起きた事全てダーマに話した。
さすがダーマ理解が早い。
ダーマ
あー。まあダホの事だから
連れて帰ってくるんじゃね?
そんときに聞けば?
モトキ
そうだね。
とりあえず帰ろっか
ダーマ
ん。
そして家に帰った。
あっ。ダホちゃんからメッセージだ。


















》今からそっち戻るね~!!
軽くでいいから掃除しといて笑

































そうだ!掃除!!!!
テスト期間で掃除できてない!
早く帰らないと…!!
















✄-------------------‐✄

だんだんメンバーがでてきましたねぇ!!
うんうん!!!!
あ!はじめまして!作者です!(?)
最初は読み専だったんですけど
どうしても描きたくなったんです…笑
面白くなかったらごめんなさい🙇‍♂️🙇‍♂️
‪‪❤︎‬