無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

なにわなんでも


















和也「辛いぃぃぃ」




















































ギュッ)))















「私に抱きつかんといて? 笑」






































































「軽く犯罪だから 笑」









































































和也「ほんまに これやばい」




































和也「丈 食べる??」














































丈「次 俺 ? 笑」

































大吾「じゃあ 丈くんいきましょ 笑」











































長尾「頑張ってください。笑笑」





































丈「めちゃ 見下すやん。長尾 笑」






























長尾「してませんって、、笑」














































和也「丈 ほら あ~ん」























丈「おん」


















パクッ))





























「丈橋ファンの皆様 ご覧いただけたでしょうか…。まさにカップルのように思えて『あなた うるせぇわ 笑』」



























丈「今 俺の番なんですよ。笑 もう辛さ吹っ飛んだわ、今ので」
























「良かったじゃない(✌🏻️* 」























「私に感謝することねッ (*´罒`*)ニヒヒ」
































丈「あ…ありがと 」




















恭平「そこは言うんすね。笑」