無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

Tシャツ考えよォォォ の会











『 似顔絵は 手書きがいいィィィィ』







大吾 「 手書き以外に何があんだよ、笑」








長尾 「 僕達で描いてみます? 」









『 描きたい描きたい ()』
































































『 完成したでござんす 』







恭平 「俺もでござんす 」






和也 「 僕はまだでござんす 」






丈 「 いいから早くしろよ、笑」









和也 「 ( ー́∀ー̀ )ヘイヘイ」































流星 「 せぇの で ホイ ねッ ??」












『 せの 』











『『「 ダダァーン 」』』










『 はっ? くそ下手じゃん みんな 笑』







駿佑「 あなた も言えへんよ 笑 その絵 」







『 流星 … よし 私達で描くのは辞めよう ‪‪❤︎‬』








流星 「なんで 僕見るん ?! 」







『 べ… 別に下手とか い 、、言ってないし ?? 』








丈 「 わかりやすいなぁ 笑 」









大吾 「じゃあ 似顔絵は 他の方に任せましょうかねッ 笑」







『 さんせいのすけ』








駿佑 「 さんせいのすけぇぇ」









『 仕上がりが 楽しみィィィィ 』










和也 「 可愛くなりそうやねぇ 」








『 うふ ふ ッ』







『 私は お目目パッチリ で お願いします‪‪❤︎‬  』










丈「 詐欺師 って言われるで ?? 笑」









『 丈くん きらぁ 〜 い 。 』







『 丈くん は ブサブザな 絵になるし ??』








丈 「 別にええしィィ 本人見た時に イケメンやぁ🥺 って 思ってくれればええし。 」










『 ならへんわッ !! !! 笑』