無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

ISLAND 道長andナルシ

























「続いての~ 楽屋は」






























「長尾と駿佑と恭平の楽屋ですぅ」











































「ついでにですね。私もこの楽屋使っておりまして 二つあります♡」















「大体は、4人でいることが多いんですけど、 道枝 と長尾
恭平と私 って部屋の区切りですね~」
















「それでは れっつ中へ。」






































長尾「ISLANDtv」(赤ちゃん風)






















「まじ、嫌やわ~。ほんま 最悪」





















長尾「そんなこと言わんといてや。笑」































駿佑「ISLANDtv」()















「は?いや 誰のまね?」






















駿佑「ジャニーさん。。笑」























「ほんまに、モノマネのクオリティ低いわッ」






























「ねぇ…。恭平さぁ~ん」



















恭平「はいッ」



















「うん。分かるで。カッコイイよ?恭平」




















「金髪似合うし、カッコイイで恭平」

















恭平「知ってる」





















「けど、同じ部屋に5個も鏡置くのやめてもらってもいいですか?」



























「まじで、邪魔。笑」






























恭平「これが俺やねん。仕方ないで」











































「もう、だめです。この子達」



















長尾「😂」


















「次行くわ。↩︎」




















駿佑「もう行くん?笑」














「丈くんと同じこと言ってるやん。笑」














駿佑「まじかッ」