無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

Tシャツ を考えよぉ!! の会






大吾 「 ISLANDTV をご覧飲みなさん どうも」









『『『 なにわ男子 でぇす 〜 !!』』』









丈 「 なにその入り方、笑」







駿佑「 ISLANDTV をご覧のみなさん」(イケボ)







『 あ… あ いい らんど てぃーぶえぃすをごら…「 ではですね」』











大吾 「 埼玉スーパーアリーナで Snow Man TravisJapan そして 我々なにわ男子が LIVEをさせていただくことになりましたね。」







『 ですね ぇ 。 』







長尾 「やったぁ やったぁ。」






大吾「 そこでですね グループ事に グループの個性を生かした Tシャツを作ろうということでして」






『 早く はじめよ はじめよ 。 😇』






大吾 「ちょ 黙っていて 」









『… 恭平 ぇぇ 』







恭平 「 はいはい。 ギュウ してあげる」







『 うぇ ぇ ん 』







大吾 「 で おいていきましょう。」







大吾 「 Tシャツの 色はですね。 ピンクとなっていて そこからデザインを決めていこうかなと思います。」







駿佑 「僕のメンバーカラーだぁ。☺️」








『 お前 可愛いな』







流星 「 急にイケボになったな、笑」




























大吾「 じゃ デザイン 考えよォ」







『 ねぇ ウィンウィン君 入れたくない?』









長尾 「ラッキーポーズ とか良くない?!」









駿佑 「 ダイヤモンド とかどうです?」










和也 「ダイヤモンドスマイルにかけたりしてねぇ 」






丈「 いいじゃん いいじゃん」













似顔絵とか どうかなぁ。









駿佑 「 似顔絵とかどうです?」








大吾 「いいな それ」









『私が言おうと思ってたのにぃ…』









恭平 「 ギュウ したあげる」








『 恭平 …笑』