無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

し ゅ ん す け み ち え だ

































『 えぇ!駿佑 Mステでるのォォォ!!!!!』

















大吾 「 うるさいぞ 」















『 すんまへん 』











駿佑 「 でるよ、 ラウールとかいろいろ 」













『 まじで?いいなー! 』















流星 「 あなたも結構Mステ出てるやん、笑 」














『 あはあはッ いや だって うん、 はい 』


















『 私も行こうかな!!!← 東京〜  』
















和也 「 いいんじゃない?仕事なければ 笑 」























『 やったぁ! じゃ 駿佑と行くー! 』















駿佑 「 えっ、 ヤナンダケド… 」

















『 いいやん、 リーダーのゆるしが出たっ。』















『 いこうや〜! 東京。!! なっ? 』


















駿佑 「 え… 俺日帰りのつもり… 」




















『 日帰りはお金💱 ね?笑 なっ? 』

















流星 「 デート行ってくれば? ふ た り で ‪‪❤︎‬」















『 そうそう。 ふ た り で っ あは 』
















駿佑 「 はいはい… もう いこいこ、 」
















『 しゃぁ! よし 決まり 』












駿佑 「 詳しいことは全部調べてね? 」












『 まかせて! もういいとこ 見つける 』









長尾 「 お風呂とベットは一緒にはだめよ? 」





















駿佑 「 う… うるさいっ !!// 」




















『 もうー 長尾 え っ ち なんだからっ 笑 』
















駿佑 「 あなたうるさい だまれ 」















『 え… 笑 な に な に 怖いんだけど 』
















駿佑 「 もうこの話終わりー、。 はーい 」