無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

お泊まり会。
「ねぇー。ご飯食べたんだからお風呂入ってきてよ!」









道枝「テレビみたーい。」







「ほらほら!誰でもいいから!」









藤原「あなたが入れば?」













「食器洗ってるんですけど?。大人組が片付けないで、
拓哉くん達の子供組がお手伝いしてるってどんな状況やねん!」

















恭平「だってぇー、お腹いっぱいで動けなーい。」
















流星「あなたの家広いから、食器洗うより探検したいー。」












「あのさっ!笑」









「かずくん!パンツで歩かないで!ここ人んち!笑」












和也「いいじゃーん!」















斗亜「僕っ!あなたちゃんとお風呂入る!」













「斗亜ちゃーん。それはムリかなー笑」













大吾「軽く犯罪になるで笑」
















リチャ「僕もっ💕。あなたちゃんとはいるぅー♡」












「リチャ。うるさい」(即)

















和也「あはは、笑」

















風雅「もう、俺入ってくるからいいよ」











「ありがと!風雅」










風雅「べ、別にお礼言われるほどの事してないし。///」
















拓哉「ほんとに、風雅が素直じゃないんだから」ボソッ










道枝「だねっ笑」ボソッ










長尾「斗亜みたいに、言っちゃえばいいのにねー、」ボソッ










恭平「それは、いいすぎかも笑」ボソッ