無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

クリスマス会。
「ねぇー。このご飯持ってきた人誰?」









拓哉「僕です!」









「拓哉くんがっ!凄い!」









拓哉「いや、そんなことないです…笑

ただのサンドウィッチですよ!」







「いや、、、オシャレだわ〜」










「これは?誰?」










恭平「俺。」









「焦げたの?これ笑」









恭平「…(๑꒪▿꒪)*。_。))ウンウン」









「ま、美味しそうなチキンだから、」(フォロー)











斗亜「あなたちゃん凄いね!料理」











「一応。出来るからね✨。」












藤原「( ´-ω- )フッ」











「そこ!鼻で笑うなよ!」










藤原「ごめんごめん笑( ´-ω- )フッ」










風雅「もう、食べていい?」












「あっ。うん。」










all「いただきます!」







道枝「(・u ・)ŧ‹”ŧ‹”。」









長尾「(・u ・)ŧ‹”ŧ‹”」









「美味しー」








「リチャが持ってきたグラタン、意外に美味し!笑」











リチャ「意外ってなんや笑」













風雅「おいし…」ボソッ















「ねぇ。今風雅が美味しって言ったで」ボソッ






和也「良かったね笑」









「うん!」













風雅「ていうか、あなたちゃん早く着替えてください。」











「えっ、これ?」











風雅「うん、」












「はいはい〜!似合わないの知ってるもーん( #`꒳´ )」











風雅「だから、違うって」ボソッ










流星「違うよ。似合いすぎて見れないんよ笑」













「あら、そうなの♡♡」










風雅「それも違う」(即)












長尾「否定が早い笑」













「風雅…塩やーー💕💕👍👍」