無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

クリスマス会。3
「準備出来た?」










藤原「おう!」













「私、まず 風雅たちのみたい!」















斗亜「いいよ」








「じゃあー、出てきて!」












拓哉「[壁]ω・`)ヒョコ」




「めっちゃ可愛い!」









斗亜「ありがと」










「風雅似合うな。」








風雅「あ、ありがと」











「次は、流星の!」












大吾「流星と僕、お揃い!」






「マリオの着ぐるみ!」













流星「可愛くない?これ?!」










「めちゃ可愛い!」






「次は、もう全員出てきて笑」















藤原「ふざけるなよ笑めんどくさくなったんやろ笑」









「一人一人やってたらキリがないから笑」








リチャ


恭平 道枝 長尾

丈一郎
和也



「なんか、個性が笑」







リチャ「いくらや。可愛いやろ?」







「リチャに合うわ笑」








藤原「お相撲さん」








「うん。はい、」









恭平「トナカイさん、」







「長尾、可愛やん」








道枝「俺は?」









「カッコイイ」









恭平「俺は?」













「夢の国にいそう笑」










和也「僕は」








「プリンやろ!見たらわかるわ」








和也「あたりぃー」











リチャ「はい。皆来たから、お前も来てこい✨」








拓哉「すごく、嬉しそうな顔してますね笑」