無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

と う き ょ う 。














『 みっちー やばい東京の風を感じるよ 』






駿佑 「 なに言ってんの、笑 」









『 東京ってええな、もう最高。 』










駿佑 「 HI美 に会いに行く? 」










『 え? 行くわ行くわ 。 』








駿佑 「 よし 事務所に行くぞっ。 」










『 事務所のご飯食べたいっ。 めちゃ美味しいよね 』











駿佑 「 それな、 」






























































































『 おほおほっ うききき 』







駿佑 「 この部屋じゃない?てか広すぎる…廊下 」

















ガチャっ )))











『 おぉー! みんなっ! 』











HI美 「 。。。。。 」











『 ……… ん?? ← 』










駿佑 「 みんなっ!会いたかったぁ 」












浮所 「 僕もっ!! 」








作間 「 おぉ〜 駿佑君 。 」












『 おい、、まて これ仕込んだな?笑 』








優斗 「 あなた いたんだ。 分からなかった 」









那須 「 え? 誰、笑笑 」









『 お前っ !!! ← 』








那須 「 痛い痛い、笑 ギブアップっ! 」










『 もういいや ご飯食べてこよー 』










浮所 「 あなたちゃん💖 僕も行く 」










『 いやでぇーす。このイケメンめっ! 😤 』