無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

お泊まり会。



「ねぇ?皆入ったよね?お風呂さん」










道枝「いぇーす。」








「りょ。」











「じゃ、私が入ってくる〜。」










リチャ「ほーい。」








______________________________






藤原「よし。あなたいった」ボソッ











流星「探せっ!」











斗亜「は〜い!」





















ゴソゴソ

















長尾「あったぁぁぁぁあ!」












恭平「しーっ!」














長尾「ごめん。ごめん笑」













風雅「あっ。これがれいの、日記ノートね笑」














拓哉「可愛い〜。ノート」













藤原「はよ。見よ笑」











______________________________


○月✕日

今日は、凄い思い出が出来た。

あと、1週間か…。


もっと1日を楽しもう!




______________________________







大吾「なに。これ?1週間?」









和也「1週間ってなんや?」











道枝「次々見よ」




______________________________

○月✕日

あと、6日。
風雅に飽きられてしまった…。
はぁ〜。悲しいー!!





______________________________






風雅「そう。この日はあなたがもの凄くカマチョだったんだ、、、」










斗亜「6..?」






______________________________





○月✕日

2日分日記が書けなかった…。
もうダメなのかもしれない。。

あと、4日…。
頑張ろう。

______________________________







藤原「めっちゃ怖いんだけど……」










リチャ「ちょ。俺もう分かったかも…」








拓哉「僕もです…!」








大吾「ねぇ。最後のページ!!みよ」








______________________________



○月✕日

明日がラスト…。
人生が終わるのは早いんだね…。
もっとメンバーといたかった、、
ありがと☺️皆。





______________________________








長尾「この日にちって昨日じゃない?」










道枝「って、事は!今日がラスト!!」














藤原「あなた。大丈夫かな!!?風呂で倒れてたり。」










斗亜「僕見てきます!」








流星「あなた…。( இ﹏இ )」












恭平「なんで、言わないん…こんな大事な事…( இ﹏இ )」







和也「泣かないで? って目から水がっ…( இ﹏இ )」







リチャ「泣く前に、あなたが先や!!」