無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

Myojo
ねぇ。今事務所から電話来たんだけど、













は?は?は?
















なんて言われたと思う<<<<












































Myojoの撮影が合ったの忘れてたわ 笑



早く帰ってきて。。
じゃ、








ツウツウ~。





























ねぇ。笑



酷くない?
















だから、今流星が落ち込みながら

電車で揺れてるの。











この後、美 少年
と会うはずだったのに 笑






















最悪。笑











「ねぇ。流星?」













流星「う?…」
















「今度はメンバーで来ようね 笑」















流星「うん!!」
















「風雅もね!。拓哉くん達も」

















風雅「(๑꒪▿꒪)*。_。))ウンウン」



















みょーじょね、。













今日はなんの撮影かな〜。
















お菓子あるかな…?












まって、ご飯食べたばっかじゃん。




















うん。腹出てるよ…














最悪。(2回目)



















大事な事なのでもう一度言います。






























最悪。(3回目)
















風雅「ねぇ。独り言うるさい、」




















「ごめん 笑」













流星「誰に言ってるん?」

















「ファンの子だよ♡」















風雅「きしょい」


















「るたくんと一緒にせな!」












流星「あは」