無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

東京♡。






「ねぇ。これ良くない?」













風雅「お揃いのネックレス?」


















「うん♡」


















流星「買お買お!」


















流星「あれ、クレープ屋さんじゃない?」

















風雅「そうだね!!」




























流星「あれ?あなたどこ行った?」





















風雅「もう、並んでる笑」




















流星「はや!」



















「これとこれとこれ!ください!!」














______________________________








「はい。これ」
















流星「ありがと〜。」

















風雅「食べ物に目が無いね。」



















「当たり前♡」


















「流星!!。写真!撮ろ」

















流星「いいよ〜」

















ハイチーズ!





















「撮るのうまいな。」


















流星「必殺技。盛れ盛れ盛れろ! 笑」



















「弱そ その必殺技笑」































ファン「あの、、あなたちゃんと流星くんと風雅くんですよね?…」





















「は、はい!。ファンの子?」















ファン「はい!」











ファン「握手…いいですか?」










流星「いいよ〜♡」
















風雅「ありがと☺️」















ファン「これからも応援してます♡」


















「ありがと〜!!。応援してね」










スタスタ
















「中学せいぐらいかな?」













流星「だね〜、」












「でも、ここ人通り少なくてよかったぁ〜。もしもっと居たら …」





















流星「風雅。」














風雅「?」















流星「めっちゃ可愛いかった。笑顔!!」


















「それな〜。ファンの子に砂糖なのに〜。私に塩ってさぁー。損してるよ?(。´´ิ∀ ´ิ)」


















風雅「ファンの子は特別なの!」


















流星「そうだね!笑」