無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

なにわなんでも。









「さぁ。始まりました。 なにわ男子のNANIWAnandemoです!!」


































大吾「今回の試練は…?」





















スタッフ『激辛です。』ボソッ
























「いや。言い方のくせよ。笑」



















駿佑「激辛…、、うわ」
























大吾「さっそくお店入ってみましょ。」
























_______________













和也「すいません。ここのお店の激辛頼んでもいいですか~!!」


























お店『はい、分かりましたッ。』






















丈「激辛っか……」

























「駿佑とか平気?笑」

















駿佑「僕、まじ無理っす。😭」





























「長尾とかいける?」






















長尾「ムリです。」(真顔)























「とりあえず、見た目と匂い嗅ぎたいね~笑」


























流星「激辛むり…」















大吾「西畑 口内炎 2つできてるんだけど。笑」



















和也「それは可哀想やわ。笑」






















恭平「口内炎といえば…」












「こうなんえんじゃないで。こうないえん やで 笑」





















恭平「分かってるわ。」






















「前、間違えてたやん めちゃめちゃ」



















恭平「言わんお約束やん。それ😂」