無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

撮影なう。5
女ス「岩ちゃん、次流星くんと恭平くんとだから、衣装チェンジ」








あなた「はーい、」















藤原「次どんな衣装やろな、」









大吾「鼻血出す奴いなければいいけど、w、」










長尾「うるさいです!あれは鼻血だしても仕方ないですw」






和也「プリン食べたい、、…」











______________________________



あなた「きがえました、はい、っ、」














道枝「お、おわ、すご」











あなた「なんか、へそ出し多ないですか?今日」








カメラさん「そんなことない、似合っとるよ」









藤原「うんうん、ゴリラにしては似合っとる(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )」













あなた「余計な一言多いわw」










カメラさん「はい!立ち位置ー」








恭平 流星 岩崎









カチャカチャカチャ







あなた「ちょー、」
















流星「なんや、」

















あなた「流星なんか、1人だけ盛れようとしてへん?」













あなた「恭平は、1人でカッコつけとるしw」










あなた「テーマ合わせなアカンやろww、可愛いとカッコいい混ざっとるし、」















流星「(*´Д`)」

















あなた「そんな顔せな、w」














恭平「ここは、衣装に合わせてカッコいいだろ!!」















流星「しょうがない、そうしよ」






______________________________



藤原「なんか、ごちゃごちゃ言ってるけど結局は綺麗にまとまるんだよな、w
恭平と流星とゴリラはw」












______________________________



あなた「おい、藤原。聞こえとるぞ😘」