無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

ゴンチャ。
今、流星と風雅で東京来てます♡。
























ゴンチャなう。



















風雅「流星くん!、流星くん!」
















流星「どした?」

















風雅「おすすめある?」















流星「全部!!。笑」















「私、チョコレートミルクティー好きよ♡」




















風雅「はい。」


















「反応薄 笑」


















風雅「しょーがない。それにしよ〜」



















「風雅、大好き♡」
















流星「それにしても、列なが!笑」











「それにしても、あれ絶対ファンの子だよね。笑」


















風雅「めっちゃ見てるけど、話しかけては来ないね 笑」





















「手、降っちゃおうかな〜。」




















流星「いいけど、後で大変な事になるよ?笑」





















(手を振る。)(*´ ∨`)、





















ファン「ギャーギャー」












ファン「ねぇ。手降ったよね。?!
やばい。死にそ」









ファン2「青い鳥!!だ今すぐに」






















「あはは。皆可愛い」

















流星「ぎゃー。ってもう叫び声だよ 笑」





















風雅「ほら。もうすぐで。」








______________________________













「ゴンチャ美味!!。」















流星「あなた、マンゴーのナタデココ?」















「うん♡飲む?」












流星「うん!、じゃ 僕の抹茶」






















「抹茶!。おいちぃ、そんな甘くないんだね〜。これ」




















流星「マンゴー美味しー。」





















「風雅も飲む?マンゴー」



















風雅「い、いらない。」




















「はいはい。交換」(強引)



















「やっぱり、チョコレートミルクティーが1番♡」



















風雅「…」






















「風雅、飲まないの?マンゴー」



















風雅「い、いや。」





















流星「あなた」















「?う?」















流星「耳貸して。」

















「おけ。」














流星「間接キス気にしてるんだよ 」ボソッ























「あぁ〜、なんだそんな事か」















「風雅。平気平気。間接キスなんてキスだから。うん」



















流星「あなた!!。それ励ましになってないわ!笑」






















「そう?かな 笑」




















風雅「チューチュー」




















風雅「間接キスなんて!気にしてない!!。チョコレート返して!もう。」
























「なになに。照れちゃって// 笑」

















流星「あはは。」




















「よ〜し!お年玉使って関ジュにお土産買っとこ〜」


















流星「れっつご!」