無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

高校2年生。












眠い… ()















今 高校の1年の歓迎会中なんだけど

















とにかく 眠い。














今日の夜中まで 仕事だよ?!













寝てないし… もう 眠い…
























けど 斗亜が 笑顔でこっち見てくるから寝れん。



























『『『 1年生の皆さん。学芸高等学校にようこそ ここは…続く』』』





































駿佑「おい 寝るなよ。」






















『寝てない。 目をつぶってるだけ』

















駿佑「それ 寝てるし、」

















『寝てない』

















駿佑「ニシタク に 怒られるよ?」



















『大丈夫。見てない』




















駿佑「見てるけど…」
























なわけないや〜ん












『は? ほんとだ…笑』
















『めちゃ ガン見してる…』




















駿佑「ウインクしてない?あれッ笑」



















『うわ… おい ()』















『ウインク返してやろ。笑』













駿佑「俺も。笑」


















『あ 拓哉のやつ よけやがった。笑』



















『私のウインク避けるとか100年早いわ』

















駿佑「俺のは飲み込んでくれたけど?」










『ウインク飲み込む ってなに 笑』














駿佑「いや それな」






















歓迎会は こうして




駿佑とのお話で終わったの💕