無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

クラス





『よしゃぁぁぁ 休み時間 寝よ』

















友達 「あなたぅ 〜 誰か呼んでるよ 」








『誰かしらァ、』







私に 用があるなんて














友達「イケメン な 男の子が何人かいるけど??」








『うちの 学校なイケメンなんていないけど…』(殴)



































































『 私に用がある方… 誰 って 君たちかい、笑』









拓哉「あなたちゃ ん 来ちゃっァ🥺」











『その目 やめい、笑』









『って こた と 拓哉だけなんや』








こた 「1組 は なんか あるらしいから」









怒られた とかじゃないんや それだったら オモロいのに(最悪な先輩)









『で なんで来たん?』








拓哉「あなた 先̥輩̥ に会うためッ 」











『それだけかい、笑』







私の 貴重な 寝る時間を…笑










拓哉「 制服 似合いますね 先̥輩̥ ☺︎︎」










『 チャラい チャラい 笑』









『お前は いつ 恭平 になったんだい、』










拓哉「 笑」










『 こた 似合ってる 制服。イケメンは違うな』








さっきまで イケメンいないとか言ってたヤツが)))







こた 「ありがと 。あなたちゃんも 可愛いよ …??」










『照れるから やめいッ !! //』









こた ちゃん 可愛いなぁあぁぁぁぁあ







拓哉「お … 俺 のこと 忘れてます…けど? 」








『ン。 いたんすか』










拓哉「あなたちゃん き ら い ぃ ぃ😭 帰るぅ」














あっ。 おい() まて イケメン))













こた「ちょ 拓哉 ぁ 先行くなよ」









こた 「あなた ちゃん 行くわ、笑 またねぇ」










『おう、』















仕方ねぇな… 昼休み行ってやるか…






拓哉のやつぅ 寝る時間(を