無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

まいジャニ



















数日前







_______________
‪‪☺︎‬
‪‪☺︎‬
あのさ、東京のお土産買ってきて
向井康二
向井康二
なにがほしい?
‪‪☺︎‬
‪‪☺︎‬
ジーコのお好みで
向井康二
向井康二
了解かい。笑 
俺の好みでいいんだな!文句言うなよ、笑
‪‪☺︎‬
‪‪☺︎‬
可愛いのね、!!笑
向井康二
向井康二
ナニソレ
―――


































当日

―――









大吾 「 新幹線がちょっと止まってるらしくてさ
遅れるって」





『 ジーコ ジーコ 😰 』








流星 「 まいジャニはどうするの? 」







和也 「 時間ずらすってさ 」








『 ファンの子に言ってきた方がいいかな? 』








長尾 「 僕が行きたい !! 笑 」







『 え 私も行きたい、笑 』








駿佑 「 2人で行ってきたら?笑 」







『 行こーー 長尾ぉぉ 』








長尾 「 行こ行こ! 」




















―――














ヒョコ












『 あぁ~ あの 皆様!! 』








長尾 「 こんにち.は !!笑 」














ファン 「 あなたちゃん!! ? 」









ファン 「 長尾君 !!? 」



























『 ゲストの方がですね、まだ到着されてないので時間が少しだけズレてしまいます😰

ごめんね ー 😭 』











長尾 「 新幹線が止まってるんだってさ〜 笑
ごめんなさい 」








『 少々 お待ちくださいな💗 』
































―――














長尾 「 ファンの子達は優しいからね
みんな 許してくれたっ 」









『 うんうん 優しい優しい 』









恭平 「 よかったね 」







『 めちゃめちゃ他人事のように言うやん。笑 』







恭平 「 ワロタ、 」