無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

女装だってよ!!
















『 え てかはよ着替えたいんすけど 』







スタッフ 「 まだ待ってて 」








『 了解です 』







流星 「 てかここ暑くない? 」








大吾 「 暖房ガンガンだからね、 消す? 」










駿佑 「え 寒いです 」







『 私も寒い 』








流星 「 消さんくてええよ 僕が脱ぐから」








『 あんがと って え? 』



























『 えあ 脱ぐな脱ぐな !!笑 』







流星 「 え、だって… 笑 」








恭平 「 エロいっすねぇ!!笑 」







長尾 「 スカート折りすぎですよ。笑 」







『 エロいとかそういう問題やないから、笑
私 女だからね?一応 』








流星 「 あなたならええかなーと 」







『 いや よくないわ!! そこは気を使えよ。笑 』







流星 「 はっすんのパンイチ慣れてるやん? 」








『 はっすんは男やないからいいの 』







和也 「 おい いや、俺 男やし?笑 」








『 とりあえず、脱がんとこ? 我慢して 』







流星 「 ぴえん 」







『 写真撮って拡散すんぞ? 』









流星 「 いや、 怖 」








『 Twitter?それともインスタ? 』








大吾 「 いや、その前にあなたの垢がバレるだろ? 」








『 そうかもね、ヤメトコ 』