無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

エゴサ

















『 終わった終わったー! お疲れ様🙌 』








駿佑 「 なんか早かったね、時間が進むの。 」








『 いやそれな、楽しみすぎた、笑 』







長尾 「 また東京ドームで公演したいね ! 」









大吾 「 絶対、しよな。! 」

















『 ね、見て見て? これ 』








恭平 「 なに? 」












―――









@

なにわ おめでと!! 全ツとか 嬉しすぎて泣いたよね、笑









@ たまアリ よかった、笑
他のメンバーとの絡みとか私得。








@ ストスノデビューおめでと。次は トラビスに光を … 。


@
みっちー と みじゅきと るたこじの絡みが好きすぎる







@
映像見てたんだけど、あなたちゃん ファンの子に押されてなかった?🥵
誰だよ 押したやつ。



@
重大発表多すぎて、頭が回らない、笑








@
あなたちゃんの衣装大丈夫??
肌見えすぎでは … ? 一応男性が多いんだからもう少し 衣装も考えた方がいいんじゃない?




@
終わるのはやいなー😭 時間がたつのが早く感じるー!笑










―――









『 見れない程にファンの子が呟いてくれてるね。 』







駿佑 「 あなたファンの子に押されたの? 」









『 あ … なんか ノリで下に降りたらさ
ファンの子 集まっちゃって つめつめになったからスタッフさんに助けてもらった、笑 』







『 かすり傷ぐらいだからへーき!! 』








大吾 「 危ないから、気をつけなよ? 」








『 ありーがーとさんっ 』







丈 「 あなたファンの子に怒られてるやん、笑  」







『 え? なにが? 』









丈 「 衣装のことで、笑 」









『 あぁー、 肌がなんちゃなんちゃらのやつか 確かに あれは多めだったね😂 』








和也 「 けどあれ涼しそー 」








『 いや暑い暑い、ライトがちょくで当たるからもうだめだめ 』







長尾 「 僕も今度 あなたの着ようかな。? 」








『 パツンパツンになるんちゃう?笑 』








駿佑 「 想像しただけで笑えてくるわ … 笑 」








『 今度 着させてあげるわ、 』







長尾 「 やっぱ 遠慮するわ 笑 」








『 いや だめです、笑 着させるっ 』