無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

楽屋。3
流星「次、僕僕!大岩!」





カチャ






あなた「やっぱり、自撮り上手いなっ、」







あなた「乙女の私でも負けたわ…」









大吾「いや、メンバーの中でも岩が1番自撮り下手やんw」












あなた「おだまり」











あなた「流星先生!自撮りのコツは?」









流星「角度かなー、後は僕が今ハマってるのはパーカーの帽子!」
by作者 よく雑誌でパーカーの帽子を被った自撮りが多いからりゅうちぇはw












あなた「あぁー、パーカーの帽子ね、盛れそうw」









流星「めっちゃ盛れるでw」














あなた「あっ!でも私パーカーやないわ、、、、」















あなた「おっ!かずくん!パーカーやん、(。-∀-)ニヤリ」








和也「えっ、、、何?…」












あなた「パーカー貸してや…?」上目遣い










和也「しょうがない、」






______________________________





あなた「りゅうちぇー、かずくんから貸してもらったぁー💕💕」






流星「ものすごくブカブカで可愛いんだけどw、和也くん寒そうw」









あなた「あっ、じゃあ私の上着貸したあげる!」








道枝「えっ?あなた脱ぐん?!////」





長尾「?!」









あなた「ば、バカw、脱ぐわけないやろ、上着ってジャンバーやよ」








あなた「はい、これかずくん」






和也「ありがとう、寒っ、、、暖か☺️」










あなた「あぁー、そっか。お二人さんはちゃんとした男の子やね?(。-∀-)ニヤリ👍」










藤原「俺も最初、脱ぐかと思ったw」









あなた「おっさんはお静かに🤫、」










流星「いいから、撮ろ撮ろ」





カチャ







あなた「盛れたな!やっぱ流星凄いわ」








流星「ありがとうー」