無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第65話

号泣



















康二 「 泣くわこれ 」







『 泣いてたやん、笑 』








康二 「 つられてもうた 」








『 久しぶりのジーコの涙だから瓶に詰めとかなきゃ 』







康二 「 俺の涙はそう簡単に手に入らねぇぜ 」








『 あほか 』







大吾 「 みんなで写真撮ろう ?? 笑 」







長尾 「 そうですね! !!」







流星 「 僕のスマホで撮るね 」








和也 「 おう、 頼んだ 」



































































_______________











丈 「 康二 泊まらなくてええの? 」







康二 「 ごめん、明日仕事あってさ 笑
近いうちにまた来るよ 」







『 うん、来てな… 』








康二 「 お互い頑張ろな 」







『 う ん 、、、 』 ( 涙 )







康二 「 泣くな 泣くな 笑笑 撮影の時に泣くの我慢したのにここで泣いてどうすんねん、笑 」
















だって、!!!!

ジーコがそんな優しい目で見るからいけないんじゃん ( 涙 )


こっちは泣くの我慢してたのに、、、


しかも、慰めるのに大きな体でギュってするのが 逆効果なんです !!!!


余計 涙がでてくるわ














































康二 「 泣きやめ 〜 ? また来るから 」







『 だって、ジーコ 連絡するの遅いんやもん … 』







康二 「 わかったわかった、早めに連絡するからさ 」





『 約束よ ?? 既読無視は一番嫌や 』






康二 「 それはふつーにすまん 笑 」








『 … おい 』








康二 「 泣き止んだな、笑 」








『 もう涙でてこへん、水不足 』







康二 「 よかよか、笑 」

























駿佑 「 僕にもギュしてください 笑 後で 」







康二 「 おう 笑 あなた離れてもらえる? 」








『 いやでーす。 一生離さん 』






康二 「 俺は別のええけど?このまま連れて帰っても 」







『 それは嫌や !!! 』
















長尾 「 おっ、 次は僕にも抱きつくんかい 」






































長尾ごめんよ!!!抱きつかせてもらうよ 笑


東京は 勘弁


怖いし 汚いし 怖いし 怖いお兄さんがナンパしてくるし
ご飯美味しすぎて、イケメンたくさんいすぎるからだめや ( 意味不 )































康二 「 じゃあ また連絡するお 」