無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

東京 どーむ














『 もう 時間なの 、、? 』








駿佑 「 終わりだってさ 〜 」








『 もっとランダムダンスしたかった 』








『 SixTONES とかやばかったもん、笑 』








長尾 「 暴れてるようにしか見えなかったしね 笑 」




『 和君も やばかったわ、笑 』







和也 「 俺は、普通やろ、笑 」








『 腰振っとけばええみたいな、笑 めちゃ適当やん 』








和也 「 違うわ、! かっこよくしたいだけだし 」







『 目指す場所ちゃう、それ 』







大吾 「 流星とかKーPOPの曲とか踊れてたやん 」








流星 「 すきやもーん 」







『 なにげに みんなKーPOP踊れてたね、笑』( そのうちに一人がこいつ )





























































―――





龍我 「 え? みっちーとあなたちゃん おそろいなんですか?!  」






駿佑 「 そうだよー。笑 」







『 おそろのTATAの服 ☺︎︎ 』







龍我 「 可愛いですねっ! ! 笑 」







『 龍我も一緒に おそろいのもの買いたいね〜 』



龍我 「 どこか一緒に出かけたいですねっ。 」


『 ねえ 龍我さん 』







龍我 「 なんですか?笑 」








『 敬語 やめい 』








龍我 「 だって、先輩ですもん 笑 」






『 歳はほぼ変わらないやん。 ! 』







龍我 「 いや、 ダメっすよ 笑 」






『 だってさ 龍我と同じグループの 浮所って言う奴 私にクソタメ語だぜ?笑 』





『 生意気のなかの生意気 笑 』







龍我 「 俺は、むりぃぃ 🥺 」







『 可愛いから いいや、笑 』







『 じゃあさじゃあさ あなた先輩って呼んで?🥺 』








浮所 「 あなた先輩 🥺 」







『 浮所 呼んでないわ、笑 あんたじゃない 』






浮所 「 廊下で座るなよ、笑 めっちゃ楽屋から聞こえてくんだけど 」







『 いいの、!!廊下は龍我と 私の道だから』








浮所 「 🥵 笑 」









龍我  「  あなた先輩!!  」







『 可愛い可愛い 浮所より倍も可愛い可愛い 』







浮所 「 関係ねぇじゃん、笑 それ 」

















―――















駿佑 「 今の全部ISLANDTVに載せるね 笑 」









『 撮ってたの?笑 』







龍我 「 全然分からなかったです、笑 」








浮所 「 やだーあなたと仲良いことバレるやん 」






『 嫌だァァァァ 😂』