無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

クリスマス会。2
( ´-ω-)σ ピンポーン♪









「きたきた。」








拓哉「あなたちゃーん!」







「おっ!ニシタク!」















斗亜「僕もいるよ♪」








「斗亜〜!風雅もいる。」








風雅「うん。」









「3人だけできたん?」









斗亜「そう」











「そっか。中入っていいよ!寒いし」








拓哉「お邪魔します」










斗亜「お邪魔します〜」










風雅「お邪魔します〜ー、」









「はい。ジュース」










斗亜「ありがとう💕」











拓哉「僕、コスプレします!」











「そうなんだぁ。なんのコスプレ?」












斗亜「風雅と拓哉とお揃いのトナカイの着ぐるみ」










「えぇー。絶対可愛いやん😘」












風雅「俺は、するつもり無かったのに…無理やり」













「早くみたいー」







( ´-ω-)σ ピンポーン♪








拓哉「来たんじゃない?」











ガチャ ||.」











「おっ。」









流星「来たでぇー」












「入って〜」















道枝「お邪魔します〜」














「全員揃いましたぁー。はじめよ、」












藤原「ちょっと待って、コスプレ」











「なに、皆コスプレするの?」











和也「YES










「えっ。私コスプレなんて持ってないで」












大吾「そう言うと思ってぇー、」










リチャ「俺が買ってきた!」










「えっ、、まじ」














リチャ「はい。着替えてきて」







「あっ。うん、中身何かなー♪」





「けど、みんなの見てから着替える!」









「ほら。皆着替えてきてよー」









恭平「お、おう。」
______________________________