無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ〜彼女編〜
私たちの通ってる学園は
お金持ち
頭が良いのどちらかに満たしていれば入れる
中等部・高等部と別れている。
私は中学はふつーのひとがかよってるふつーの中学
でも高校はこの高等部に入学する
私は頭も良いと認められ、お金持ちとも認められた
この学園はルールがある
何個だと思います?
どんなルールだと思います?













正解は1つ。
そしてルールは
『恋愛禁止』
これのみ。
門限も、自分で決める。家族で決める。
持ち物も自分で考えて持ってくる。
そんな思いがあり1つだけだ。
でも、この1つのルールだけで苦しむ人もいる。
もちろん私もすきになりたい。
ていうか、好きになってしまった。
こんなことがバレたら即退学。
だったら、私から告白しなければいいじゃないですか!!!!
あちらからすればいいじゃないですか!!!
これで私はなんのルールも破ってません!!!





















あ、少し乱れてしまいました。
まぁ、あちらが私のことを好きになってもらえば……
いいですよね?