プリ小説

第11話

🌈NINE🌈
グク
今だけでいいから、僕のものになって ?
あなた
あなた
今日、だけ、、だからね ?
グク
じゃあ、いただきます😋
そういうと、ぐくはあなたの胸を優しく包み込み、突起を摘んだり、舌で転がしたりした。
あなた
あなた
んぁッ//
ぐ、く、も、、むりぃッんんん///
グク
ヌナ、無理じゃないでしょ??

もうイっちゃったの?kk
まだ胸しか触ってないのにk
あなた
あなた
だっ、、て、ぐぅが、ん、上手だから、//
グク
ふふkk
甘えただね??k
あなた
あなた
そんなこと、、ない/
グク
嘘ついちゃうの??
下のお口は濮のが欲しいってヒクヒクしてるよ?こっちは正直なのに、上の口は嘘つきなんだねk
そういうとグクは、あなたの下のお口に顔を埋め、溢れだす蜜を舌に絡め自分の唾液と混ぜ、あなたの敏感な部分につけて転がす
あなた
あなた
ん、んぁ、あッ/
や、やだッそこ、、やだぁ///
グク
やだなんて言っちゃって、ほんとは濮のが欲しくて仕方ないんでしょ?

ほら、おねだりしないと入れてあげないよ?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🍑のん🍑
🍑のん🍑
小説書くのはじめてですッ 更新頻度ゆっくりになると思いますが、よかったら見てください💗 リクエストあれば、コメントしてくださいね!💬 (BL、ノンケ、対応) (行為有、行為無、対応) (純粋な恋愛もいけます🙆、、多分、)
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る